ROMって何者?

ROMって言葉を聞くと、何を想像しますか?

CD-ROMとかDVD-ROMとかのROM(Read Only Memory)?
某大規模掲示板で空気を読まない書き込みをすると「半年ROM(Read Only Member)ってろ」って言われたりしませんでしたかね?

いやいや、こういった大喜利をやりたい訳ではなくって・・・。

ご紹介したいのは、Blue Prismが提唱しているROMなんです。
ここで言っている「ROM」は、「Robotic Operating Model」の略でして、

Robotic = ロボットの
Operating = 運用・操作
Model = モデル・型

日本語に訳すと、「ロボット運用モデル」とでも言いましょうか。

要は、ロボットをどのようにして運用していくのが望ましいか、というのを
Blue Prism社が、過去の導入事例等を踏まえて作成した方法論なのです。

Blue Prismって、某U社とか、某N社のツールと違って、Visioのように、自由にパーツを配置できますよね。
逆に、自由にパーツを配置できるからこそ、個性的なプロセスができあがっちゃうんです。

まぁ、これが、自分一人で全て設計、製作、運用をしていくのであれば、全然オッケーなんですが、
仮に複数名で運用をしていくことを考えると、ヒトによってプロセスの作りが違うと、運用するヒトは混乱しちゃいますよね。
それぞれのプロセスのクセを覚えなければいけないので。
ましてやそのプロセスが、しょっちゅう例外を出す、要介護ロボットだったとしたら・・・。

Blue Prism のROMでは、そうならないように、「構築方法論」の中で、プロセステンプレートやベストプラクティスといったものを設け、
ルールに沿ってプロセスを作りましょう、と提唱しています。

「構築方法論」以外にも、Blue PrismのROMでは、7つの柱がある、と言っています。それは以下↓

  1. Vision  …ビジョン・未来像
  2. Organization  …組織
  3. Governance and Pipeline  …統制と案件管理
  4. Delivery Methodology  …構築方法論
  5. Service Model  …サービスモデル・運用モデル
  6. People  …人材
  7. Technology  …技術

ロボットの作り方にばかり目が行きがちですが、全体的なところから定めていかないと
自動化のプロジェクトって進められないんですよね。

ROMの概要について、Blue Prismが公開している情報は、こちらです。
https://portal.blueprism.com/robotic-operating-model/getting-started

あ、英語…。
だ、だいじょうぶ、Google翻訳があるもん…。
(昔に比べて、だいぶ精度上がりましたよねぇ。)

また、日商エレクトロニクスが無料公開したプロセステンプレートもこちからダウンロードできます。
https://www.nissho-ele.co.jp/press/2020/2008_blueprism.html

今後も気まぐれにROMの内容について、ご紹介していきたいと思います。

この記事をシェアする

前の記事

ERPとRPAの親和性について