【AI-OCR】ABBYY FlexiCaptureとは?

このコラムの目的

このコラムでは、当社取扱製品であるABBYY社のFlexiCaptureを説明します。

ABBYY FlexiCaptureとは?

FlexiCaptureは、紙書類や画像の文字や罫線などの情報を高い精度で認識し、設定を行う事で必要な情報のみを読み取り、データ化する事が可能なデータキャプチャのソフトウェアです。
言語は日本語、英語だけでなく、中国語、ベトナム語など200以上の様々な言語にも対応しています。
データキャプチャでは情報を高い精度で認識しますが100%の精度を保証するものではありません。その為、誤った文字認識を行う事もあります。
その場合、ABBYY FlexiCapture内の補正アプリケーションを使用し正しい情報をABBYY FlexiCaptureに覚えさせる事で、自動学習を行い、精度が高くなります。

又、帳票は構造化された定型フォームや、非構造化のフォームなど、さまざまな形式がありますが、ABBYY FlexiCaptureではこれらの帳票全てに対応しています。

ABBYY FlexiCaptureで設定可能な帳票の種類

定型(固定)帳票

アンケートや申込書など、レイアウトが同じ帳票が該当します。

 例:申込書

準定形帳票

疑似性がある帳票。請求書、注文書のような取引先毎にフォームが異なる帳票が該当します。

 例:請求書

非定型帳票

定型、準定型に該当しない帳票。契約書や手紙等の非構造化文書が該当します。

 例:契約書

ABBYY FlexiCaptureのアプリケーションについて

ABBYY FlexiCaptureにはさまざまなアプリケーションがあり、それらのアプリケーションの総称が、ABBYY FlexiCaptureと呼ばれています。

ここでは、全てのアプリケーションは記載しませんが、アプリケーション毎に簡単な説明を記載します。

FlexiLayout Studio主な利用者:設定者
説明:準定型帳票、非定型帳票の読み取り対象帳票に対し、キーワードや取得する項目を指定し、設定ファイルを作成します。
プロジェクト設定ステーション主な利用者:設定者
説明:プロジェクト設定ステーションは、上記で記載したFlexiLayout Studioで設定した帳票などを実際の本番でOCRする為の最終設定を行うアプリになります。
代表的な機能として、本番利用する為の以下の様な設定を行う事が可能です。下記以外にも実用的な必要機能が多く取り揃えており、これらの機能については別のコラムで紹介します。
データ取込方式の設定帳票の入力先として、指定したフォルダ、メール、スキャナなどの入力先設定を行う事が出来ます。これを設定する事でデータ取込の自動化を図ることが可能です。
OCR結果出力ファイルの設定エクスポートする時のファイルタイプの指定、エクスポートする項目の出力順、エクスポート先フォルダの指定が出来ます。
取得データ加工取得データを最終的に欲しいフォーマット(例:日付、金額など)に統一する事やマスタ連携を行いコード化するなどの加工が可能です。
ルールチェックの追加取得したデータをそのままエクスポートする事も出来ますが、取得したデータのフォームをチェックする、また、データ同士の結合や比較と言った設定をする事も出来ます。
検証画面レイアウトの調整下記記載の検証ステーションの画面レイアウトを利用しやすく調整する、検証項目を必須項目のみにすると言った設定が出来ます。
検証ステーション主な利用者:ユーザー
説明:実際に帳票画像から読み取った項目の結果を、対象の帳票画像とOCRした結果を比較して確認する事が出来、誤読した項目の編集、修正も出来ます。

次回のコラム

次回のコラムで、FlexiLayout studio、プロジェクト設定ステーション、検証ステーションの概要を説明します。

詳細については、また別のコラムで記載していきますので、お楽しみに。

関連サービス紹介

この記事をシェアする

前の記事

ABBYYとBlue Prismを活用した貿易/通関業務の自動化導入事例紹介【イベントレポ…

次の記事

Web会議ツール「zoom」を用いたオンライン受講が可能なRPA教育アカデミー