サービス

Blue Prism 運用管理コース お申し込みフォーム

Blue Prism 運用管理コース 開催概要

タイトル

Blue Prism 運用管理コース

費用

100,000円(税抜)

期間

1日間

対象者

「入門コース」「育成コース」の受講者もしくは、同等の内容を理解している方。

形式

・Zoom Web会議システムを使用します。
・リモートデスクトップ接続を使用します。
・開催前日までにテキストと接続情報を郵送にてお送りします。

主催

日商エレクトロニクス株式会社 デジタルレイバーアカデミー事務局

プログラム内容

運用管理に必要となる、Blue Prismの基本環境構成・実行管理機能・各種設定などを、その前提や背景を踏まえながら学びます。
演習も行うため、実際にどのような動作となるのかも学ぶことができます。

本コースは、Blue Prismの環境構築、初期動作チェックが済んでいる環境に対して、実行管理機能や各種設定を学ぶコースとなっています。
Blue Prismの環境構築(インストール)に関する内容は含んでおりません。

1.

Blue Prism環境構成の理解

Blue Prismの一般的なトレーニングや、小規模の環境では、データベースやAPサーバー等を全て1つの環境にまとめているケースが多いです。しかしながら、実運用の環境では、それぞれが独立してい
るケースが一般的です。本章では、Blue Prismの運用管理を行う上で、最低限把握しておくべき、環境構成に関して説明します。

・Blue Prismで必要なリソースの種類
・各リソースの概要

2,

コントロールタブ

Blue Prismで開発を行うときに、コントロールタブからプロセス実行(セッション実行)をしたことがあるかと思いますが、ここではそのタブ内の機能を掘り下げて説明します。また、よく使われるスケジュール実行や各種ログの見方なども取り扱います。

・コントロールタブ
・セッション管理
・キュー管理
・スケジューラー
・スケジュールログ
・セッションログ

3.

ユーザー・役割の管理

Blue Prismではログインユーザー毎に、細かな権限設定が可能です。機密情報を扱うケースもあるかと思いますので、適切なユーザーに適切な権限を与えて管理出来るようにする必要があります。本章ではその概要を説明します。

・ユーザー管理の種類
・役割
・ユーザー
・マルチチーム

4,

システムタブ

Blue Prismの各種システム設定は、すべてこのシステムタブに集約されています。その中でも使用頻度が高い設定について、本章で説明します。

・システムタブ
・プロセス・オブジェクトのリタイア
・環境変数
・ワークキューの作成
・サインオンの設定
・認証情報
・監査ログ
・システム設定
・アーカイブ
・スケジューラー
・カレンダー
・レポーティング

5.

アナリティクスタブ

Blue Prismの実行結果は、データベースに格納されています。そのデータを集計し、グラフにマッピングすることで、視覚的にBlue Prismの実行状況を確認することができます。本章では、アナリティクスタブで取り扱えるダッシュボードとタイルについて説明します。

・アナリティクスタブ
・ダッシュボードとタイル

6.

リリース作業

Blue Prismの開発と、実運用では、それぞれ別々の環境(開発環境・本番環境)を用意することが一般的です。本章では環境間におけるBlue Prismプロセスのリリース作業の手段について説明します。

・リリース作業の手段
・プロセス・オブジェクトのエクスポート・インポート
・リリースファイル
・競合時のオプション
・リリースファイルインポート時の注意点

プログラム内容は、予告なく変更する場合がございますので、予めご了承ください。

Blue Prism運用管理コース お申し込みはこちら

注意事項をご確認の上、お申し込みフォームにご入力ください。

注意事項

申込み受け付けは「開催日の5営業日前の12時まで」となりますのでご注意下さい。(なお定員に達した場合はその時点で受付終了となります)

※同業他社様及び申込多数の場合、参加をお断りすることがございます。
※フリーアドレスでのお申込みはお断りさせていただいております。
※「確認画面へ進む」ボタンをクリックしてエラーになるケースがございます。
 お手数ですがデジタルレイバーアカデミー事務局 dl-academy@nissho-ele.co.jpへご連絡ください。

※受講料金のご入金は会社名義でお願いいたします。
 また個人名義での入金の場合には先払いで代金をお願いしておりますので、
 その旨を詳細要望欄にご記入ください。

オンラインコース受講にあたりZoom接続、およびリモートデスクトップ接続を使用します。必ず接続が可能であることを、事前にご確認下さい。

お申し込みフォーム

資料ダウンロード お問い合わせ