サービス

Power Automateトレーニング> Power Apps ( パワー アップス )初級コース

本トレーニングコースでは、 Microsoft Power Apps "マイクロソフト パワー アップス"の関数を用いた基礎をハンズオンを交えて1日で学習します。

Power Apps とは、 簡単な操作だけで様々なアプリケーションを作成できるサービスです。 本コースは、 「備品申請&管理アプリ」を作成しながら Power Apps で一時的にデータを格納する機能(変数とコレクション)を中心に初級コースレベルで必要となる関数をご紹介します。

◆◇こんな方におすすめ◇
・「PowerAutomateユーザのためのPowerApps超入門コース」を受講済みの方
 もしくは、キャンバスアプリの基礎知識をお持ちの方
・少し複雑なアプリケーションを作成してみたいと思われる方
・実際の操作画面を触りながら学びたい
・わからないときには講師に質問しながら学習したい

トレーニング概要

会場・日程

当コースはご希望の日程を含め、個別にご相談させていただきます。
お問合せにてご相談ください。
※オンライン開催となります。

費用 80,000円(税抜) 
期間 1日(休憩含む)
対象者

・「PowerAutomateユーザのためのPowerApps超入門コース」を受講済みの方、もしくはキャンバスアプリの基礎知識をお持ちの方
・少し複雑なアプリケーションを作成したい方

内容

◆ コースの目標
・変数の使い方について理解する。
・コレクションの作成や操作、繰り返しや分岐などよく使用する関数の使い方を理解する。
・変数及び関数を使用したより複雑なアプリケーションの作成の仕方を理解する。

◆ コースのアジェンダ
 1.Power Apps入門コースの概要
   Power Apps超入門コースの内容紹介(コントロール、関数)
   Power Apps入門コースで取り扱う内容紹介(関数)
   キャンバスアプリの中でデータを一時的に取り扱う方法
   (変数とコレクション)を中心に学習

 2.作成するアプリの概要
  これから作成するアプリの全体像を紹介。

 3.アプリ作成
   レッスン1 備品申請アプリ‐備品ギャラリー作成
   レッスン2 備品申請アプリ‐備品カテゴリの作成
   レッスン3 備品申請カート画面‐MasterFormの作成
   レッスン4 備品申請カート画面‐備品明細画面の作成
   レッスン5  備品申請カート画面‐申請確認画面の作成
   レッスン6 備品申請一覧画面‐申請一覧とデータテーブル画面の作成
   レッスン7 備品申請一覧画面‐在庫管理画面の作成
   レッスン8 スタート画面の作成

 4.Power Automateとの連携
   申請承認プロセス

◆ 実習内で使用する関数

変数関連
Set関数、UpdateContext関数

コレクション関連
Collect関数、CollectClear関数、Clear関数、Patch関数、ForAll関数、Remove関数、RemoveIf関数

検索、並び替え関連
Filter関数、Search関数、SortbyColumn関数

分岐処理関連
If関数

同時処理関連
Concurrent 関数

その他
Text関数

下記の注意事項をご確認の上、お問合せください。

注意事項

<事前の確認>
オンラインコース受講にあたりZoom接続、およびリモートデスクトップ接続を使用します。
必ず弊社からの事前のご案内に沿って、接続が可能であることを、受講までにご確認下さい。

<見積書>
5名様以上から個別開催を実施しております。お見積をご希望の方はお問合せフォームよりお問合せください。

<請求書>
ご請求書はトレーニング終了後、10日前後を目安にメールにてお届けします。ご請求書に従い、受講費のお振込みをお願い致します。

<よくある質問>
よくある質問を下記にまとめました。
よくある質問を読む>>https://digital-labor.nissho-ele.co.jp/faq/

資料ダウンロード お問い合わせ