サービス

取り扱い製品:Microsoft Power Automate

自動化

Microsoft Power Automate

Microsoft Power Automateはタスク自動化ツールです。毎日繰り返し発生するパソコン作業をワークフローとして設定すると、面倒に感じるルーティンワークを自動で処理出来ます。仕事が忙しくなると、「ルーティン作業がとにかく面倒」「誰かに代わってほしい」と言った、要望を持つ人は、Microsoft Power Automateが役に立ちます。毎日のオフィスでのルーティンワークを自動化できれば、より有意義に時間が使えるようになります。

Microsoft Power Automateはタスク自動化ツールです。毎日繰り返し発生するパソコン作業をワークフローとして設定すると、面倒に感じるルーティンワークを自動で処理出来ます。仕事が忙しくなると、「ルーティン作業がとにかく面倒」「誰かに代わってほしい」と言った、要望を持つ人は、Microsoft Power Automateが役に立ちます。毎日のオフィスでのルーティンワークを自動化できれば、より有意義に時間が使えるようになります。
例えばPCでの特定の操作を行う、指定した日時に、と言った、なんらかのきっかけを元に、別の社内システムの操作、ユーザーへの通知などの動作を行うワークフローを作成することが出来ます。また、多様なアプリケーションとクラウドサービス間の自動ワークフローを作成し、ファイルの同期や通知の受信、データ収集などを気軽に行うことができます。

Microsoft Power AutomateはクラウドAPIを持つ製品を連携するiPaaSの位置づけで、当初はMicrosoft Flowとして登場しました。その後、デスクトップ製品やWebブラウザの操作を自動化して連携を行うRPA機能として、UI フローを追加し、Microsoft Power Automate として再デビューしています。

この機能追加により、Microsoft Power Automateはクラウドサービスのみならず、幅広い自動化を実現することが出来る製品となりました。

製品の特長

ローコードプラットフォーム

Microsoft Power AutomateはビジネスプラットフォームMicrosoft Power Platformを構成するサービスの一つになります。

Microsoft Power Platformとは、Microsoftがビジネスユーザー向けに提供している業務アプリケーションプラットフォームの総称です。「Power Automate」「Power Apps」「Power BI」「Power Virtual Agents」の4つで構成されています。Microsoft Power Platformは一般的に言われる開発作業が不要になります。プログラミング言語を使用する必要がなく、Office 365やDynamics 365、あるいはMicrosoft Azureに蓄積されるデータを基にユーザーが必要なアプリケーションやサービスを自由に構築できます。

Microsoft Power Automateも他のMicrosoft Power Platformの製品群同様に、開発作業が不要、ローコードでの作成が可能になっています。動作に必要な項目は予め憑依され、項目によっては選択肢から必要な値をセットするだけです。
ローコードでの作成が可能であるということは、エンジニアのリソースに依存せず、必要なアプリケーションを必要な人が作成できます。例えば企業のエンドユーザーが自力で短期間に低コストで作成できるようになります。予算や開発期間の調整などで動きが遅くなりやすい業務システム開発と比較すると、非常にスピード感があるアプリケーション作成が可能になります。業務内容に変化が多い企業の場合、思い付いたアイデアをすぐ実装できたりする手軽さが手に入ります。

ユーザーインターフェース

Microsoft製品のユーザーインターフェースの特徴といえば、ExcelやPowerPointのような直感的な操作によって学習にかかる時間を低減できることです。Microsoft Power Automateもその例に漏れず、直感的な操作によってエンジニアでなくとも手軽に自動化ワークフローが作成できるようになっています。ローコードプラットフォームとこのユーザーインターフェイスの二つの特徴で、Microsoft Power Automateを利用する敷居が格段に下がっています。

クラウドネイティブ

Microsoft Power AutomateはクラウドプラットフォームであるMicrosoft Azure上でサービスが提供されています。このため、必要なリソースを必要な時に合わせて利用でき、コストの最適化が実現できます。セキュリティーは、Microsoft Azureのセキュアな環境を利用しますので高くなっています。

また、クラウドネイティブで動作するということは、追加のソフトウェアのインストールが不要(※U Iフロー利用時を除く)となり、利用環境に準備に掛かる工数をほぼ削減できます。Office 365のビジネスアカウントを利用するユーザーであれば、プランによっては追加費用なく、すぐに利用が可能になります。

テンプレート

自動化のワークフローを作成するには、1から作成する方法とすでに用意されているテンプレートを使う方法があります。通常の自動化は、パソコン上の作業手順を記録してプログラムを生成するため、ユーザーがワークフローを作成する環境によってコードが変化します。そのため、テンプレート機能の実装が難しいのですが、Microsoft Power Automate はアプリケーションやクラウドサービス間の連携に特化しているため、テンプレートの提供が可能になっています。このテンプレートがMicrosoft Power Automateの大きな特徴となっており、圧倒的な簡単さでワークフローを作成できます。

コネクタ

コネクタとはMicrosoft Power Automateが接続できるサービス毎に用意されています。前述したテンプレートはこのコネクタを複数利用して、予め標準的なワークフローを作成したものになります。このコネクタの数は300種類を超え、今後も順次増えていくでしょう。このコネクタは、Microsoft社製品はもちろんのこと、SlackやGitHubなどエンジニアに人気のサービスや、FacebookやTwitter等のSNSサービス、そしてBoxやSalesforce等のビジネスで一般的に利用されているサービスも連携できます。
コネクタはアプリケーション同士を連携させるAPIを活用しています。

U Iフロー(R P A)

前述のテンプレートやコネクタはクラウドサービス 間の連携を主としていますが、コネクタで対応できない連携を実現するために、Microsoft Power AutomateではRPA 機能である UI フローが用意されています。

U Iフローを利用することによって、コネクタでは対応できないデクストップアプリや複雑な操作になってしまうWebページの操作等、時間や手間の掛かる手動での作業を自動化することが出来ます。

例えば、マウスのクリック、キーボードの操作、データ入力などの手順を要する操作を記録し、それらの操作を再生してワークフローに変換します。Excelのマクロ記録のような手軽さで、操作の記録が行えます。

関連サービス

実践的DLスキル教育サービス(DIgital Labor Academy)

RPAの実践的スキルを獲得するコースを開設。初心者から資格取得を目指す上級者まで、受講者の皆様のレベルに応じたRPAトレーニング提供いたします。

労働力の新しいカタチ「デジタルレイバー 」で
業務改善・自動化を推進

日商エレクトロニクスが提案する、企業のDigital Labor化について1冊の資料にまとめました。

資料ダウンロード お問い合わせ