サービス

Digital Labor統合運用管理ツール

ロボット運用管理における「What?」「Where?」からの解放。 

こんな課題を解決します!

■Excelで管理しているRPA化された業務の情報管理が煩雑で続かない。
■ロボットのインシデント対応がその場に居合わせた人にしかわからない。
■ロボットの改修作業にまつわる情報の引継ぎ資料をいちいち作成するのが面倒。​

製品の特長

【特長1】
RPAツールを問わない、ロボットの運用管理システム

RPAに関わるタスクを一元管理

業務、ロボット、エラー、稼働する端末など、RPAに必要な情報を管理することができます。また RPA化の案件ステータスやエラー発生時の業務ステータス等の状態管理も可能です。

また、様々なRPA製品を取り扱う日商エレクトロニクスが自社開発をしているが故にRPAツールを横断的に管理することも可能です。
また現在はクラウドサービスにてご提供しておりますのでご使用デバイスにも左右されず自由に使用することが可能です。

【特長2】
ロボットに紐づくメッセージ機能

担当者間の意思疎通を円滑に。

ロボット毎に、エラー発生履歴、対応履歴など過去のエラー履歴をシームレスに確認可能です。
また担当者間のメッセージ履歴も残るため、ロボットの運用担当者が急に変わった場合でも、どのように、どこまで対応したかがわかります。

また、開発段階から活用すればロボット製作時の問題点やレビューでの指摘点を運用時まで役立てられます。

【特長3】
エラーの自動登録

インシデント発生時は自動で登録

インシデントが発生した際にDigital Labor Station宛てにメールを送信することで自動的にインシデントレコードが登録されます。

動作環境について

動作対象ブラウザ:
Google Chrome
Internet Explorer 11

使用者の声 

開発時の定義が一目瞭然

メッセージ機能がロボットに紐づいているため「なぜ5営業日前に設定されたのか」などの定義理由を残しておけるので改修時に連鎖的に起こる業務的な問題を防げます。

レビューの抜け漏れを防げる

運用管理サイドでリリース前にすべてのレビュー状況を把握できるため責任者の確認が簡単。抜け漏れを防ぎ、障害発生率を下げることができました。

開発から運用までずっと使える

開発時から運用を見据えて導入しました。
大規模運用開始までは使えないと思っていましたが、むしろ開発時の進捗管理に利用しています。

ご利用料金

トライアル終了後、継続利用を希望される場合 

初期登録費用: 3万円
月額利用料金:5万円(登録業務数~50)

登録業務数とは

Digital Labor Stationにおける登録業務数とは、1業務=ロボットによって行われる一連の処理のことを指します。

お申し込みから本番利用までの間、安心の試用期間付き !

活用についてのコラムをご覧いただけます!

資料ダウンロード

関連サービスご紹介資料

労働力の新しいカタチ「デジタルレイバー 」で
業務改善・自動化を推進

日商エレクトロニクスが提案する、企業のDigital Labor化について1冊の資料にまとめました。

その他のサービス

資料ダウンロード お問い合わせ