お知らせ

【12月18日開催!】RPAご検討者必見!マイクロソフト登壇 Microsoft PowerAutomate超入門セミナー

Microsoft Power Automateの基本、70分でまとめてお伝えします!

さらに、先日MicrosoftのRPAがさらにバージョンアップし、Power Automate Desktopのプレビュー(試用版)がリリースされました。
発表されたばかりの待望の本機能についても併せて、
RPAを長年取り扱う弊社と、日本マイクロソフト社との共催でご紹介していきます。

\こんな方におすすめ/
・Microsoft365、Office365を利用していて、Power Automateで自分の業務を手軽に自動化できないかと考えている
・会社で自動化や効率化を求められているが、自動化でどんなことが出来るかわからない
・現在利用中のRPA製品とMicrosoft製品との親和性がいまいちでうまく設定できない
・既存のRPA製品が難しくてなかなか使いこなせない

開催概要

日時

・2020年12月03日(木) 10:30-11:40(満員のため受付終了)
・2020年12月18日(金) 16:00-17:10【12/3の再放送】

形式

Webセミナー
※Zoom Web会議システムを使用します
※開催前日までに参加用URLをメールにてお送りします

参加費

無料(事前登録制)

共催

日本マイクロソフト株式会社
日商エレクトロニクス株式会社

プログラム内容

10:30-

ご挨拶

10:35-

ついにRPA機能を搭載!Microsoft Power Automateとは?

マイクロソフトのローコード開発プラットフォーム、Power Platform製品の1つに含まれる、Microsoft Power Automate。アプリケーション連携による業務プロセス自動化機能に加え、UIフローというRPA機能が搭載され、より幅広い業務の効率化が可能となりました。本セッションでは、そんなPower Automateの特徴を、はじめての方にもわかりやすい内容でご紹介したいと思います。 

日本マイクロソフト株式会社 ビジネスアプリケーション事業本部
 プロダクトマーケティングマネージャー 平井 亜咲美

10:50-

Power Automateでさくっと作ってみました

デモ① SharePointとTeamsを使った承認フロー
Power Automateのテンプレートを使うことで、こんなにも気軽にアプリケーション間の連携できるのだと感じていただけます。
SharePointやTeamsは単体での利用も便利ですが、Power Automateで自動連係することで、よりワークフローを組むことができます。
デモ② ExcelとWeb基幹システムを使った交通費精算処理
Power AutomateではUIフローというRPA機能が用意されています。RPAと言っても色々なツールがあり実現方法も様々ですが、そのUIフローを利用した場合の、 ExcelとWeb基幹システムの連携の手軽さをご紹介します。Web基幹システムへの自動入力が、少ない工数で実現できます。

日商エレクトロニクス株式会社 DX2事業本部デジタルレイバー推進部
システムエンジニア 
作治 元康

11:15-

日商エレのPower Automateソリューション

Power Automateの利用に役立つトレーニングとサービスに関する情報をご紹介します。導入開始時によくつまずくポイントも併せてお伝えします。

日商エレクトロニクス株式会社 DX2事業本部デジタルレイバー推進部
西尾 友理

※プログラムは変更になる可能性がございますのであらかじめご了承ください。
※同業他社様にはURLのご案内をお送りしていない場合があります。当社のお客様に向けたサービスのため、ご理解いただけますようよろしくお願いします。

セミナー受講お申し込みフォーム

個人情報の取り扱いについて

日商エレクトロニクス株式会社「個人情報の取り扱いについて
日本マイクロソフト株式会社「個人情報の取り扱いについて

記入いただいた個人情報は日商エレクトロニクスと日本マイクロソフト及びそのグループ会社に提供し、
同社の製品やサービスに関する情報の電子メール又は郵便等による提供へ利用させていただきます。

次の記事

【11月27日開催!】西日本エリア限定!実体験から語るRPAのツール選定と運用の極意

資料ダウンロード お問い合わせ